wisepowder: 日本の規制について③ レバレッジ規制

日本の規制について③ レバレッジ規制


7 Apr 2021 at 02:24am
日本の規制について③ レバレッジ規制


日本で個人や一般企業が「外国為替取引」を積極的参入しているのが2000年以降、インターネットの普及に伴い、急増していました。FX発足当時は、200倍、400倍などの「高いレバレッジでの取引」が行われていましたが、2010年には、投資家を保護する目的により、金融庁が最初のレバレッジ規制「最大50倍」を実施、その後2011年さらに「最大25倍」まで規制を強化しました。To get more news about レバレッジ規制, you can visit wikifx.com official website.

日本の規制について-その3-レバレッジ規制.jpg
  レバレッジ規制は、投資家を守るための取り組みで、為替取引のギャンブル性を制限し、投資により自己破産を防ぐことを重視しています。

日本の規制について-その3-レバレッジ規制.jpg
  海外の金融規制機関も近年間同じような規制もありました。英国金融行動監視機構(The UK Financial Conduct Authority:FCA)、欧州証券市場監督局(The European Securities and Markets Authority:ESMA)、オーストラリア証券投資委員会( Australian Securities and Investments Commission:ASIC)はいずれもレバレッジ規制を実施しています。

日本の規制について-その3-レバレッジ規制.jpg
  安全なFX投資の行いたい場合、海外業者を利用するより、国内FX業者(下記一部紹介)を利用する方が安全で安心な取引を行うことができます。

Add comment


Guest are not allowed to add blog comments. Please sign in.

Rate


Your rate: 0
Total: 0 (0 votes)

Tags